好きなものを好きなだけ

  1. 食べ物

【虎屋菓寮】季節限定 栗汁粉

Japanese Sweets

年一回の楽しみ

毎年、どうしても絶対に一度は食べたくて、ちょっと贅沢をしてしまいます。そのための節約は惜しみません。
どうしてこのメニューが通年メニューではないのかとちょっと歯がゆい気持ちに(笑)
虎屋(ショップ含む)の全メニューの中で一番好きです。

栗汁粉は、単品と抹茶or煎茶等とのセットでも選ぶことが出来ます。ですが、お汁粉のお値段が大体1500円(本来は税込で1404円ですのでお釣りが戻ってきます)と少しお高めの値段です。セットでお願いすると大体2000円前後位になります。私的にはちょっと躊躇してしまうお値段。

抹茶や煎茶と一緒にお汁粉を頂きたいという方は別ですが、飲み物そのものにこだわりがなく甘い物は何か飲み物と一緒に食べたいという理由でセットを選ぶ方は、単品でも無料の番茶が頂けましたのでご参考までに(親切な店員さんが教えてくださいました)

さらにお汁粉のお餅は、白玉かお餅か選ぶことができますし、お願いすれば更に切って出してくださるそうですよ。
お餅は、かなりモチモチしていて伸びもいいですしお汁粉は熱々ですので、小さいお子さんだとか歯の弱いご年配の方は白玉を選ぶほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

(メニュー)

そういえば、随分昔にお店の店員さんに『店員さんだったらどちらを選びますか?』と尋ねたところ『個人的にはお餅派です』と仰っていました。うんうん、私もお餅派ですのでその気持ちわかります。

 

お汁粉とぜんざい

【スポンサー リンク】



関東ではつぶ餡でもこし餡でも汁気のある餡にお餅が入っているものをお汁粉というんだそうですね。一方でお餅に汁気のない餡をかけたものをぜんざいというのだとか。東京生まれのお友達が『私はこし餡のお汁粉が好き』と言っていたのですが、その時は私はお汁粉=こし餡だと思っていたので何となく違和感を感じながらもこし餡と言う部分を聞き流して『ぜんざいよりお汁粉が好きなのね』とそのまま理解していましたが、ようやくわざわざこし餡と言っていた意味がわかりました。

私は九州の出身ですが、私の実家あたりではつぶ餡のものをぜんざい、こし餡のものをお汁粉という風に使い分けていました。こういう餡の状態による使い分けは関西風なんですって。カルチャーショックです。

参考⇒「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

※ここで言う餡は、小豆を砂糖で煮たもの

 

いざ、実食

【スポンサー リンク】



 

 

 

 

まずは、一口。

私はいつも匙をお願いして、木匙ですくって食べているのですが、お汁粉は熱いのでがっついては駄目です。私は、かつて熱い思いをしました(笑)

舌触りはとてもなめらかです。よくみると栗の渋皮らしいものも。丁寧に裏ごしされているのでしょう、まさに栗を丸ごと使ったお汁粉といった感じです。
濃厚なこし栗餡でとても甘いのですが、後に残らないので全然くどくない!流石、高級和菓子店のお汁粉です。
お餅は、表面はかりっと焼かれていて香ばしい風味もありながら、中はもちもちお餅がとろーり。油断するとどこまでも延びていくので気を付けてください。
甘さに疲れたら、箸休めのしば漬けで口の中をリセット。そしてまたお汁粉に戻って栗餡の上品な甘さに舌鼓。いつまでも食べていたいと思っているうちにあっという間の完食でした。

大体は、十一月までのはずですが、たまに好評につき期間延長という時があります。私も今回は十二月に入ってから頂きました。今年はいつまであるのだろう。。。もう一度食べたいな。

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

食べ物の最近記事

  1. 【まとめ】JR川崎駅周辺で7:00から朝ごはんが食べられるお店

  2. 【北海道・東北版】アウトレットに出店している高級チョコレートブランド

  3. 【中部版】アウトレットに出店している高級チョコレートブランド

  4. チョコレートでフルコースを楽しむ

  5. 【EDWART(エドワート)】9ストーリーズチョコレート

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP