家族が鬱

相性の良い産業医との巡り合い

夫は、今の病院を紹介したのは夫の会社の産業医の方(受診病院の決定)です。
私はお会いしたことはないのですが、どうやら夫とこの産業医の方の相性が非常に良いようです。
今も産業医の方との面談で紹介された病院へ通院を続けているのですが、定期的に産業医の方とも面談を続けています。

主治医ではなく若干茶飲み友達のようになっていますが、夫が自発的にアドバイスを頂ける良き相談相手です。
相談相手が一人だけでないというのは、物事を多角的に捉えることができるので良いことだと思います。

むしろ主治医ではないからこそ気兼ねなく色々なことを訊ねられているんだと思います。
主治医の先生を信頼していないわけではないのです。
ただこれから長く付き合っていて実際に治療をしていただくく関係ですのでその相手には良い顔をしたいというのは自然な事ではないでしょうか。
やはりそのように治療を担当していただく先生には、なかなか言い出しにくいというのは、私にも十二分に経験があるのでその気持ちはよく分かります。



このような産業医の方へ巡り合う事は稀ですので、ぜひこのご縁を大切にしたいと思う今日この頃です。
初めての際には信頼して良いのかと疑ってしまって、今は非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もし、この記事を読んでいて産業医を探されている方がいましたら、ご利用シェアNo.1 産業医のことなら【産業医紹介センター】
等で優れた産業医の方を採用していただけると家族も含めて救われる方が一人でも増えるかと思います。