家族が鬱

魔法?の言葉

楽しい話ではありません

『今の自分があるのは、あなたのおかげだよ』と私を労る言葉をかけてくれます。
この言葉だけを言葉通りに素直に受け取ればとても嬉しい言葉です。

でもこの言葉を私に伝えてくるのは、大抵夫が何かの不安を持っている時です。
えぇ、つまり私への言葉ではないのです。

夫は計算してこの言葉を伝えてくる訳ではなく、もはや無意識の行動のようです。打算ではなく、心の防御システムと言ったらいいのでしょうか。

それは直接的に不安を伝えなくても私が察してくれると本能的に知っているからだと思います。
実際に私はこの言葉の裏側から夫の不安を嗅ぎとり、助ける(不安を完全に取り除けないまでも和らげたりする)訳です。

またこの言葉を私に投げかけ、それに対する私の反応で安心感も得たいようです。
私も学習しないというか、頭では気がついていてもこの言葉をかけられるといつも心がじんわりと温かくなります。より気持ちが優しくなります。
やっぱり嬉しいのです。

それに何も言ってくれないよりは何倍も良いです。
夫の気持ちが分からないまま状況が悪くなるのがそれが一番怖いです。

でも、いつか純粋に私を労う言葉が欲しいと願わずにはいられません。