家族が鬱

夫婦の片方が鬱で、もう片方も精神的に参る

楽しい話ではありません

夫がうつで休職しました。
そういうご家庭は世間には沢山あるだろうし、もっと大変なことを経験なさっている人も多いでしょう。

幸い夫は、当初よりも随分元気になっています。
ここまで来るのに随分苦労しました。
まず病院の診察を受けてもらうにも1か月近く宥めすかして、ようやく受診しました。

一方で、私の心が限界を迎えつつあります。
本当は、好きなものの事だけを書くためにブログを立ち上げたのですが、ここ数ヶ月はブログのことを考える余裕もありませんでした。

なんせ、現実世界では本音の殆どは心の中に収めざるを得ません。
夫婦二人の生活なので、片方が病気になるともう片方は弱音は吐けません。

病気になった片方は自分自身の事で精いっぱいで、もう片方への思いやりは皆無です。
まずは自分を大切にしてほしいし、余裕がないのは分かってはいますが、私だって人です。
疲れますし、いらいらもするし、悲しいし、寂しいです。

実家の両親には打ち明けましたが、遠方に住んでいるのであまり心配をかけるのは申し訳ないので良いように取り繕ってしまいます。
姉妹も気にかけてくれてくれていますが、姉妹にも生活があります。
友人にも同じです。気の置けない友人たちは子育てに忙しく、要らぬ心配をかけるだけになりそうです。

義実家は今の夫の状況は知っていますが、私への連絡は一切ありません。
個人主義で悩みを話せば聞いてくれるとは思いますが本当に聞いてくれるだけで、おそらく助けてはもらえないと思います。
普段から私へ対する非難もなければ労いはもっとありませんので、もうカウント対象外です。

今だっていっぱいいっぱいで、夫がもう少し安定したのを見計らっての離婚さえ考える日もあります。
今、関東に台風が近づいていますが、それに乗じて外に飛び出したくもなっています。
そんな気持ち、誰にも言えません。

自分の気持ちの整理のため、ブログに書き残していきます。