好きなものを好きなだけ

  1. たね知識

オープントゥは結婚式でもビジネスでも非推奨だという話

ウェディングシューズで非推奨であるオープントゥ

オープントゥのウェディングシューズ(ブライダルシューズ)がウェディングのまとめサイトで紹介されていたり、ウェディング専門店で販売されていてびっくりしてしまいました。

個人的には、以下延々となしの理由を挙げてはいますが、もしNGの理由を知っていてそれでもオープントゥを選んだのであればそれはそれで個人の自由なのかと思います。

でも、ウェディング専門店がお薦めするのはちょっと頂けません。それは結婚式を挙げるカップルが『オープントゥがフォーマルな場では非推奨』であるのを知らずに選ぶ可能性があるからです。専門店が一般的に推奨されていないものを扱っているなんて考えもしません。
私も目にした際には「結婚式ではありだったんだっけ?」と混乱しました。

そもそも結婚式でオープントゥがNGだと言われている理由は、

縁起が悪い
フォーマルでない

※つま先が出る=妻が先に出る、といった離別を連想するから

縁起が悪いというのは迷信の類だと気にしないタイプの方もいらっしゃるでしょう。

ですが、フォーマルでないというのは一考すべきです。

結婚式はフォーマルな場

結婚式はどのようなスタイルであっても儀式ですので、フォーマルなものです。そもそもキリスト教でもないのに教会で挙式するし、そういう形式ばったものは別にいいんじゃないの?と反論がありそうですが、式のスタイルに関しては特段関係なく、結婚式そのものがフォーマルな場であるということです。

後で触れますが、ビジネスの場でもオープントゥは敬遠されます。このことをご存知であれば、フォーマルな場の頂点に近い結婚式では避けるべきなのは最もなことであると感じるのではないでしょうか。

ですから、仮にもウェディング専門店を謳っていてオープントゥを扱っている所はそのあたりの事はどのように考えているのかなと思います。ただ売れるからという商業主義的な考えのみならちょっと悲しいですね。

カジュアルウェディングといった、より気軽に楽しんでほしいという趣旨の結婚式であってもゲストを招きおもてなしすることには変わりありません。
結婚式となるとやはり老若男女、立場も様々な方を招待すると思います。

家族だけの式だとしても両家のご両親や兄弟姉妹へのおもてなしがあります。出席者全員が「気にしない」のであれば良いのですが、残念ながらそういうことはそうそうありません。ですので失礼に当たることは極力避けるべきです。

招かれる側も同じです。

新郎側・新婦側、親戚、友人、会社関係、立場は様々でも新郎新婦をお祝いする場に出席することには変わりありません。晴れやかな場を乱す可能性があるようなこと(一ゲストの靴という些細な事であっても)はしてはいけないと思います。

慶事で良く分からないなら弔事で考える

慶事だとちょっと羽目を外しても許される(眉は顰められていても)事が多いし、表立って非難されることも少ないので本人が気が付かないことも多いです。また「お店の人が最近は買う人も多いですよと薦めてくれた」「他にも履いていた子がいた」と今ひとつピンとこないのであればお葬式をイメージしてみてください。

いくら家族葬であっても黒いビーチサンダルで出席するのが、どのくらい悪目立ちするのはなんとなく分かるのではないでしょうか。結婚式でオープントゥのシューズを履いているイメージとしては、こんな感じです。

ちなみに先述のお店の人は「買う人がいる」と言っただけで、問題ないとは言っていません(笑)

 

参照記事:マナーを守ってキチンとかわいい。結婚式におすすめの女性靴は?|株式会社ワシントン靴店の公式ブログ

【スポンサーリンク】



ビジネスでも敬遠されるオープントゥ

特に新社会人の女性については気を付けたほうが良いかなと思います。

会社勤めの方は夏になるとクールビズ始まるところも多いです。

そして靴に関してはいかにクールビズであっても「ミュールやサンダルはNG」の所が多いのではないでしょうか。これもやはりつま先を出した靴=カジュアルすぎてビジネスに相応しくないからです。

(ウェディングシューズでは触れませんでしたが、かかとを出すのもフォーマルでない)

ネクタイなしよりもつま先・かかとを見せる方がより軽装。

言われてみればそうかなぁと思いますが、こうやって立ち止まらないと考えませんよね。

またクールビズの有無に関わらず、服装はオフィスカジュアルの職場も増えてきました。

ですが、オフィスカジュアルだからと言って、ミュールで構わないかなんて思っていると知らず知らずに恥ずかしい思いをします。質が悪いのは悪目立ちしていても、よほど親しい人でもないとそのことを教えてくれないことですね。

入社研修であるオフィスマナー講座でも一言話してくれればよいのになんて思います。

これから本格的に暑くなるにしたがって、クールビズも本格化してくるので参考にしてください。

ただ職場にもよるので、一度、服務規程を見直すのもお勧めです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

たね知識の最近記事

  1. お年玉ミッション

  2. オープントゥは結婚式でもビジネスでも非推奨だという話

  3. ブログ運営の途中からSSL化すると苦労する

  4. wordpressで作るブログは借地権付き手作り住宅のようなもの

  5. 初心者がWord Pressのブログ運営をする際のおすすめレンタルサーバー

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP