好きなものを好きなだけ

  1. 資格

2017年残り1か月でIT資格取得を思い立つ

get a qualification

過去の資格取得について

アプリケーションエンジニアとして働いていた頃は、多忙を極めていて試験対策もさらに資格試験に行く時間がありませんでした。
波があり、残業0時間の月もありましたがピークでは月100時間の残業が数か月続くという仕事でした。
(残業0時間の月は心身ともにすり減っている体の回復に努めるため、ピーク時は倒れないためにお休みの日はただ寝ていたい)

それでも入社2年目で、無性に「普段やってることの延長でしょ」なんて安直に物事を考え「基本情報技術者」を受験しました。
今思えば、仕事疲れと仕事慣れによる謎の万能感に支配されていました(笑)

が、試験対策がままならなかったために午前試験がちんぷんかんぷん。

業務よりの午後試験はすらすら解けるという大いなる矛盾の中、結果・・・落ちました。

少し考えればわかることなのですが、すっかり忙しさに飲まれていますね。
仕事で使っているなら試験勉強要らないんじゃないの?と当時の私がまさに考えていたことなのですが、業務では使わない知識というのが結構出題されるのです。
私の場合は、国家試験の「基本情報技術者」(FE)の試験内容は特にそうでした。

むしろ、即現場で使う知識の方が少なかったです。

これはエンジニアの職種によっても、また同じアプリケーションエンジニアでもどんな業務をしているのかによって違ってくるかと思います。
※Web系の現場で仕事できていればより操作性の良いブログ作れていた気がします。。。

 

多忙以外の敗因を振り返る

 

私が当時勤めていた会社は、昇進や仕事内容に資格の有無は一切関係ない現場での実力主義で資格取得にご褒美(報奨金)が出るくらいのメリットしか感じていなかったのもモチベーションがあがらなかった理由の一つです。この頃は、入社して2,3年で目の前のことに手いっぱいで後のキャリア形成なんて考えられていなかったです。

「数万円のご褒美は残業〇時間でもらえるし、それよりお布団とお友達になってた方がいい」
贅沢な考えですが、激務の合間を縫って勉強したご褒美にしてはちょっと物足りなかったのです、それだけ激務だったともいう。

仕事に追われ続け、ついにやる気スイッチがブレーカーから落ちました。

それから数年。

自分の限界を感じ仕事を変え、時間に余裕ができた今そろそろまた自分のキャリアを考えていこうとした中で「自分はこんなことが出来るよ」と対外的に証明するための一手段として資格勉強始めました。

心の余裕がないと先が見えないんだなぁと今更ながらに感じています。

※今もエンジニアの仕事しています

 

【スポンサーリンク】



 

目指すIT資格

 

とりあえず、

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) Excel 2016 エキスパート

・VBAエキスパート Access VBA スタンダード

・基本情報技術者(FE)

・情報セキュリティマネジメント(SG)

 

まずは、勘どころをつかむためにも割とIT資格の中でもベーシックな資格たち。
VBAエキスパートがややマイナーでしょうか。

他にも興味のある資格はありますしキャリアアップを考えると変更する可能性はありまずが、ひとまず上記の取得を目指します。
国家試験であるFEとSGは同日試験日で一方しか受験できないのでどちらから受けるか悩みどころ。

民間資格であるMOSとVBAエキスパートは通年で受験できるので、MOSは来月中(2017/12)、VBAエキスパートはお正月休み中に取得しちゃう予定です。国家資格と比べると受験料が2倍と高額なので1発合格したい。

残り1か月、師走の忙しさからの現実逃避のようにも思いますが頑張ります。

【スポンサーリンク】



 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

資格の最近記事

  1. MOS Excel 2016 エキスパート取得への道  ステップ1

  2. MOS Excel 2016 エキスパート取得への道  ステップ0

  3. 2017年残り1か月でIT資格取得を思い立つ

関連記事

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP