好きなものを好きなだけ

  1. たね知識

ナンバー銀行をまとめてみた

お借りした画像

先日、伊勢志摩へ旅行した際に、おかげ横丁にあるレトロな佇まいの百五銀行の支店に家族と盛り上がりました。数字の付く銀行はいくつか知っていますが、一体どの数字の銀行があってどこがもうないのかごちゃごちゃになっていたので自分の整理のためにちょっと調べて整理しました。

※伊勢志摩旅行に関して
観光特急「しまかぜ」に乗ってみて予想外だった2つのこと

【スポンサーリンク】



 

ナンバー銀行とは

その名の通り、銀行名に数字の付いた「第一銀行」だとか「七十七銀行」らのことを総称してそう呼ぶのですが、いわゆる通称です。その由来は、日本銀行の「教えて!にちぎん」に詳しく載っています。

これらは、明治 5(1872)年制定の国立銀行条例に基づいて設立された国立銀行(注)の銀行名で、内認可順に付されたものです。
国立銀行は、明治 6(1873)年に開業した第一国立銀行から明治12(1879)年12月開業の第百五十三国立銀行まで、153行が設立されました。

第一銀行、七十七銀行など、数字の付いた銀行名の由来は何ですか? |日本銀行

では、今も残っている数字名の銀行が全て上記の153行に該当するナンバー銀行に該当するのかというと必ずしもそうではありません。例えば、おかげ横丁におみくじ付ATMを設置している支店を持つ第三銀行は、上記国立銀行であった第三銀行とは別の銀行です。

くじ付きATMの案内 | 第三銀行

※数字が付いているという意味でナンバー銀行と呼ぶのはもちろん正しいのですが、現状、日本において国立銀行であった153行の総称としてナンバー銀行を使うのが一般的です。

 

現存するナンバー銀行

2017/4時点で、現存しているのは  6行 / 153行中です。

・第四銀行(だいしぎんこう)   新潟                   ⇒沿革

・十六銀行(じゅうろくぎんこう)  岐阜                  ⇒沿革

・十八銀行(じゅうはちぎんこう) 長崎                   ⇒十八銀行の歩み

・七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう) 宮城      ⇒沿革

・百五銀行(ひゃくごぎんこう)  三重                     ⇒百五銀行のあゆみ

・百十四銀行(ひゃくじゅうしぎんこう) 香川       ⇒行名の由来

 

第四銀行も百十四銀行も「四」は「よん」ではなく「し」と呼ぶあたりに時代を感じます。全て本拠地が地方ですので、関東に住んでいるとどれもあまり馴染みのない銀行名でしょうか。私は出身の関係で十八銀行が一番身近に感じます。

もう増えることはないので、ずっと残っていてほしいなぁなんて思う次第です。頑張ってほしいのですし、大体どこも東京には支店があるので応援を含めて十八銀行で口座を開設しようか(雀の涙の預金になりますが)と真剣に考えてしまいます。

 

【スポンサーリンク】



 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

たね知識の最近記事

  1. オープントゥは結婚式でもビジネスでも非推奨だという話

  2. ブログ運営の途中からSSL化すると苦労する

  3. wordpressで作るブログは借地権付き手作り住宅のようなもの

  4. 初心者がWord Pressのブログ運営をする際のおすすめレンタルサーバー

  5. 主要宅配会社の配達時間帯指定を一覧にしてみる

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP