好きなものを好きなだけ

  1. 日々のこと

上京してきて戸惑ったこと 「バスの乗り方」

春だなぁと思うとき

【スポンサーリンク】



 

3月に入ってから、おそらくは新生活のために両手に生活雑貨の買物を提げて楽しそうにあるいはちょっと緊張気味に歩く新大学生・社会人とおぼしき子をよくみかけます。

私にもあんな頃あったなぁなんて微笑ましく思うのですが、はっきりと思い出すのは何故だかしょっぱい思い出ばかり。

上京したばかりのしょっぱい思い出を思い出したベースで、かつこの記事を読んだ誰かにちょっとでも役立つことがあればと書いておきます。

 

迷っていないふりをしているだけ

電車は、JR・私鉄問わずにほぼ以下の手順で乗車することが出来ます。最近は専らICカード利用が多いので切符購入の手順はあまりふみませんね。

※無人駅・ワンマン電車だったりするとこの限りではないですが、

①目的地までの切符を購入

②改札通過

③該当の乗り場から乗車

④目的駅で降車

⑤改札通過

都会で戸惑うのは③ですかね、沢山乗り場があって右往左往します。大きな駅だと構内は迷路で、そんな駅に限っていつも工事をしていて次に来た時には新しい通路が出来ていたり、今まで通れていたところが通れなくなっていたり。安心してください、何年使っていても迷うときは迷います。それに新宿駅や東京駅構内で行きかう人を観察していると、割と行ったり来たり右へ左へ乗り場を探している人がみつかりますよ。皆「私、別に迷ってるわけじゃないんだからね!」って素知らぬ顔しているだけです。

でも、電車の乗り方そのものに困ることはほぼないです。

 

地味に戸惑う「バスの乗り方」

バスは、結構厄介です。バス会社によって、乗り方にいくつかパターンがあります。

・乗車は前から/ 後ろから

・降車は前から/ 後ろから

・運賃は前払い/ 後払い

・均一運賃  / 距離別運賃

 

大体この辺りの組み合わせが違っています。

何より厄介なのが、同一県内であっても利用するバス会社によって乗り方が違うことがある点だと思います。

バス会社の違いによる料金や経路には注意を払っていても、乗り方が違うなんて同一県内であるなんて思ってもみませんでした。(私はまんまとこの罠にはまり、身を縮ませてバスに乗った記憶があります(笑))

 

これが人が並んでいる停留所ならば、前に倣えで事なきを得るのですが乗車が自分しかいない、あるいは乗車してから初めて降車するのが自分だけの時は慣れるまで随分とどきどきしました。

乗車・降車をうっかり間違えて、運転手さんからマイクを通して注意されると上京したばかりのひよっこは例え優しく教えてもらっていても心がぎゅっと萎縮してしまいます。。。大したことじゃないのですが、慣れない土地だとついついナーバスになってしまいがちなのです。

せめて乗り降りするドアくらい統一基準を作ってもらいたいものですが、そうせざるを得ない事情もあるようなのでそうそう実現しなさそうです。(後述のリンク記事を参照)。

 

しょっぱい思いを回避するために

しょっぱい体験を回避するためには利用するバス会社のホームページを確認するのが一番確実ですが、ざっくりとしたパターン分けを確認するのであればこちらの記事が分かりやすかったので参考にしてください。

このバス…入口は前?後ろ? 運賃は先払い?後払い? エリア別「バスの乗り方」ガイド

旅行だと「私は通りすがりの異邦人ー」なんて、あの名曲の歌詞に似た強がりも持てますが、これから生活していく土地でやらかすとどうしてあんなに凹んでしまうんでしょうね。

どうか凹む人が一人でも減りますように。

 

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

 

【スポンサーリンク】



日々のことの最近記事

  1. 伊勢丹新宿店のサロンドパルファンへ行ってきました

  2. クリスマスコフレが大好き、ですが

  3. 料理本はライフステージ毎に更新すべきだと思う

  4. 【ヘレンカミンスキー】Childrens Provence 8 (チルドレンズ プロヴァン…

  5. 里のMUJI みんなみの里が気になる

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP