好きなものを好きなだけ

  1. 本に関すること

漫画感想『とんがり帽子のアトリエ(1)』 白浜 鴎(著)

Comic Review

書籍情報

作品名:とんがり帽子のアトリエ
巻数:1巻
著者:白浜 鴎
出版社:講談社
発売日:2017/1/23

舞台は、中世ヨーロッパ風の世界に魔法や魔法器(魔法の道具)が溶け込んでいるそんな浪漫あふれる世界は美麗で精緻な画でより活き活きと存在しています。
物語に現れる一つ一つのものが全部可愛い。
特にココちゃん達の着ている魔法使いの弟子の制服がとっても可愛い。

 

姉妹弟子の気持ち

キーフリー先生に師事することで出来た3人の姉弟子のうち、最も冷淡な態度でココちゃんに接するアガットちゃん。
彼女の気持ちは分からなくありません。
必死に努力を積み重ねて弟子となったアガットちゃんにとって、何にも知らない普通の子であるココちゃんがすんなりと弟子となったことはそりゃあ気に食わないでしょう。ココちゃんは、良くも悪くも純粋なのでどうして嫌われているかよくわかっていない様子です。これも火に油を注いでいそうですね。
(それを抜きにしてもリチェちゃんが言っていたようにちょっと性格ねじ曲がりすぎですが、)

それぞれ大人びたところはありますがまだまだほんの女の子(多めに見積もって10~12歳くらいにみえる)ですし、物分かりが良すぎるのもそれはそれで不憫なので、これから喧嘩して、それから仲良くなっていって姉妹弟子4人でわちゃわちゃして欲しいな。本巻でココちゃんの巻き添えで3人の姉弟子たちにも試練が降りかかりますが、次巻では早速4人でどうこの困難を切り抜けるのか楽しみです。

【スポンサーリンク】



 

大人たちの思惑とココちゃんの才能

キーフリー先生が、分かりやすく優しくない。優しくないというか、優しげな雰囲気であるがためにそのところどころに見え隠れする利己的な部分が際立ち、読んでいて怖い存在です。もちろんココちゃんを師匠として一人の大人として気にかけていますが、先生がココを弟子にしたのはそもそも大部分が彼の目的のためなのでここぞという時に冷徹に天秤にかけてココちゃん切り捨てそう。そしてそこを目玉帽子(つばあり帽?)の魔法使いに付け込まれそう。きっと師弟愛が芽生えて、そんな悲しいことは起こらないと思いたいですが。
一方、目玉帽子の魔法使いは、理由はまだ分からないけれどココちゃんに試練というか罠を仕掛けて魔法使いとしてココちゃんを育てているようです。それも目玉帽子の目的のために。

そういえば弟子になるための試験で、ココちゃんは仕立て屋のお母さんの手伝いで扱いなれた布での魔法陣作成にその才能の片りんを見せましたよね。私はこのシーンでこれから「布での魔法陣作成」の才能を徐々に開花させていくのではないかと一旦考えましたが、それ以上にココちゃんの思いの強さ(魔法への強い憧れ)が一つこれからの物語展開のターニングポイントなのではないかと思っています。

ともかくキーフリー先生と目玉の魔法使いという対極の二人の希望は、ココちゃんという皮肉な事になっています
純粋に魔法は素敵な力と心惹かれているココちゃんにとって、二人とも残酷な存在ですよね。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



本に関することの最近記事

  1. 読了『ペンギン・ハイウェイ』 森見 登美彦 (著)

  2. 漫画感想『メタモルフォーゼの縁側』 鶴谷 香央理 (著)

  3. 漫画感想『カワイイ私の作り方(1)』 六多いくみ(著)

  4. 読了『おべんとうの時間』 (1) 阿部 了 (写真),阿部 直美 (文)

  5. 漫画感想『こうふく画報』長田 佳奈(著)

関連記事

スポンサーリンク




カテゴリー

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

参加ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村 美容ブログへ

PAGE TOP